Flash制作、Flash作成、Flashコンテンツ:WEBデザイン、サイト構築はエイジア:クリエイティブ事業

クリエイティブ事業部       株式会社エイジア
ホーム ニュース パートナー募集Web相談窓口 サイトマップ
FLASHコンテンツ制作
サービスのご案内
Flashコンテンツ制作
Webデザイン、Web制作 Webデザイン
Blogデザイン、ブログ構築 Blogデザイン
SEO、SEM対策 SEO・SEM対策
WEBサイト作成ワークフロー ワークフロー
WEBサイト制作プラン一覧 WEBサイト制作プラン
WEBサイト作成実績紹介 実績紹介

 Flashを使う理由


Flash制作の利点はHTMLでは演出できない、もしくは演出しずらいアイディアを実現可能とするところにあります。
  • リスト的・カタログ的な商品紹介のページに、ストーリーをもったアニメーション的演出を施すことで、より効果的に商品をPRすることが可能です。
  • 高機能なナビゲーションを必要とする場合、DHTMLにより(JavaScriptとスタイルシート)ある程度までは実現可能ですが、Flash作成されたものとの演出力は較べものになりません。
単なるギミック要素ではなく、Flashコンテンツはさまざまな可能性を持ちます。

内容につきましては、Flashサイト開発事例をご参考にしてください。

 Flashの問題点(更新作業などについて)


Flashプレイヤーの普及率が全世界のWebユーザーの90%を超えた(macromediaの調査報告による)現在、Flashを使う最大の問題点はプラグインの普及というよりも、新着情報など比較的更新が頻繁に行われなければならない箇所で手軽な更新が不可能と思われているところにあります。
Flash制作されたコンテンツの場合も管理画面等から簡単に更新ができないかというリクエストをよく耳にします。
回答としては、そのように更新作業ができるような仕様でFlash作成をすれば手軽な更新も可能となるということです。

 問題点の解決

コンテンツ更新が頻繁に行われるページをFlash制作で作った場合、更新作業がどのようなものになるかを以下に示してみたいと思います。
左がFlashの画面で中央に画像が、その下にキャプションとして画像のタイトルと登録した時間が表示されています。
画像をクリックすると目的ページにリンクされる簡単なもを想定します。

このFlashに表示される内容を入力するのが画面右の管理画面です。
1. 管理画面にてブラウザからローカルマシンにある画像をサーバにアップロード
2. その画像のタイトルとURLを入力しデータベースに登録。
3. Flashはプログラムを介してデータベースから情報を取得。
4. 取得したデータをFlash内部に表示。

Flashサンプル1 Flashサンプル1

    Next
お問合せフォーム
現在位置 : WEBデザイン&サイト構築トップ(クリエイティブ事業) > FLASHコンテンツ制作
プライバシーポリシー このサイトについて エイジアのページへ            
メール配信   メール共有   メール MTA   アンケートシステム   CMS
メール ASP   アンケート ASP   メールマーケティング   無料セミナー      
Copyright © AZIA CO., LTD. All Rights Reserved.